ついに吉野家まで値上げ!?一体どうなってしまうのか?

最近、商品の値上げが増えてきて、外食産業でも値上げが相次いでいましたが、
ついに「吉野家」も値上げすることに決まったみたいですね。

吉野家の牛丼が値上げになるのは、今月17日の午後3時からだそうです。

牛丼は並盛が300円から380円に、大盛が90円アップで550円に、特盛が120円アップの680円。
それから牛皿も80~120円値上りするようですね。

牛カルビ丼も並盛が490円から100円もアップして590円になると言われています。

唯一の救いは「牛すき鍋膳」などのメニューについては今のままだという事でしょうか。

値上げが決まってから、実地まで8日しかないということで、
「いきなり値上げだなんて酷い!」という声も多いみたいですね。

今回の値下げとなったとは、やはり輸入牛肉の仕入れ価格が、昨年に比べて2倍近くまで値上がりしたことが原因でしょう。

ライバルともいえる「松屋」や「すき家」も今年の夏に値上げしました。
松屋は牛丼を「プレミアム牛めし」という名前に変えて90円値上げ。
すき家も8月に牛丼の並盛を20円値上げをしていましたね。

今回値上げをすることで、もしかしたら吉野家はお客さんが減ってしまうかもしれません。

もし、今まで通りお客さんが来てくれたとしても、
来年以降もまだまだ円安は進んで、牛肉の価格が上がる可能性もあるので、
このままだと、吉野家はまた来年も値上げをしなければいけないかもしれませんね。

吉野家だけでなく、豚肉を大量に輸入しているトンカツ屋さんや、
鶏肉を輸入している焼き鳥屋さんなど、輸入食材に頼っている外食チェーンは大変みたいです。
値上げをしなくてはやっていけないのは分かりますが・・・。

こんなに値上げばかりだと消費者も苦しいですね。
本当にこれからどうなっていくのでしょうか・・・。

このブログ記事について

このページは、ffightingspiritが2014年12月11日 10:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「光脱毛とレーザー脱毛、選ぶならこっち!」です。

次のブログ記事は「なんと今、脱毛ラボで全身脱毛が初月無料!ですが・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7